よくある質問

FAQ

美容科コース

ECCアーティスト美容で使う道具はどんなものですか?
国家試験に必要なものです。参考までにウイッグ・クランプ・シザー・コーム・ロットなど50点以上あります。
手荒れが心配ですが、実際先輩方はどんな感じですか?(もしくはケアのやり方)
手荒れには2通りあります。1つは体質的なものです。これは体質改善を行える機会でもあるので食生活や生活リズムの改善をすれば解決すると思います。2つ目はシャンプーや、パーマ液などの薬液によるもので、こちらに関しては医療機関で診察してもらうのが一番です。
クラスの雰囲気はどんな感じですか?
一クラス30人以下の少人数制なので、とてもアットホームな感じです。学生同士はもちろん、先生と学生の距離も近くどのクラスも良い雰囲気です。
美容科に入学するにあたって入学前にやっておいたほうが良いことはありますか?
体力アップと体調管理に気を付けておきましょう。技術や資格は入学してからしっかり学んでいきますので安心してください。
美容サロンでのインターンシップはありますか?(全員ですか?)
3年制コースのみ、実際の美容サロンでインターンシップがあります。
ECCの他のコースでも美容師国家資格が取得できるようですが、美容科コースと何が違いますか?
他コースでは美容師になることがメインではありませんので、美容師国家資格を取得することが中心となります。一方で美容科は美容師国家資格取得は当然であり、それ以上に美容師として必要な技術、接客力を磨きます。また美容師に関する特別セミナーや研修などもあります。美容師としての将来をお考えの方は美容科への入学をお勧めしています。

ビューティーアドバイザーコース

毎日スーツ着用ですか?
就職対策や接客販売に関する授業は、スーツを着用して出席することが求められます。スーツ着用の授業があるのは、週2日程度。それ以外の日は私服でOKです。学生時代からスーツに慣れておくと、スーツをキレイに着こなせるようになりますよ。
肌が弱い人は向いていませんか?
そんなことはありません。むしろ、肌の弱さで悩んだ経験は、肌が弱いお客さまの気持ちを理解する力になり、より良い接客を行う力にもつながります。同じ悩みをもつお客さまを笑顔にする目標は、仕事のモチベーションにもなるでしょう。
髪色に決まりはありますか?
インターンシップが始まってから内定を獲得するまでの間は、髪色に規定を設けています。早い人は1年次6月からインターンシップが始まります。その期間中は、いつでも現場に立てるように、日頃から身だしなみを整えておく必要があります。
ブランド採用とは何ですか?
百貨店採用は、就職後に担当ブランドが決まります。一方、ブランド採用は、一貫してそのブランドの商品を扱い続けます。ブランド採用の特長は、ブランドの一員としてキャリアを重ねていけるところ。本コースでは、ブランド採用に力を入れています。