ひとり暮らしガイド

LIVING ALONE GUIDE

憧れのひとり暮らし

※北海道、千葉県、静岡県、愛媛県、鹿児島県、沖縄県など全国各地から!留学生も!
(2019年度入学生)

CASE 01

時間を有意義に使える
ひとり暮らしってサイコー!

美容師になるためとことん練習できるうえ、
家事もできるように!

今の住まいを決めたポイントは、なんといっても学校からの近さ。実際暮らしてみると、放課後も時間を気にせず自主練習に取り組めるので、ひとり暮らしをしてよかったと実感しています。さらに、家事や自炊すべてを自分でするようになり、社会人になってひとり暮らしをする時にも戸惑わない自信が付きました!

真辺さんの生活費

収入:

  • 仕送り

    0円

  • 奨学金

    120,000円

  • アルバイト代

    約100,000円

支出:

  • 家 賃

    約39,600円

  • 食 費

    約25,000円

  • 光熱費

    約2,300円

  • 通信費

    約15,000円

  • 交際費など

    約20,000円

※奨学金は貯金して次年度の学費へ。

スタイリング

洋服が好きで、どれとどれを合わせようと考えるのが楽しい!
学校の近所に古着屋さんがたくさんあるのも嬉しい

  • スタイリング

    友だちがくれたものや思い出が詰まったものもいっぱい!

  • スタイリング

    ジーパンにもこだわりアリ!
    お店みたいでしょ

スタイリング

自炊

入学前から興味があったので、自炊も楽しい!
でも、アルバイト先からまかないをもらうこともあります

  • 自炊

    節約のためお弁当をつくることも!

  • 自炊

    弾き語りを練習中です!

真辺さん真辺さん

CASE 02

人も街も“オモシロイ”!
充実の日々を過ごしています

魅力的な街で面白い友人に囲まれ、
ホームシックになる暇がありません!

大阪は性格のキツい人が多そうなイメージでしたが(笑)、実際はやさしい人ばかり!クラスの友だちもオチ・ボケで話を盛り上げてくれます♪さらに、私が住む学生マンションにはECCアーティスト美容の学生も多く、一緒に遊びに出かけることも!おいしい飲食店が多い、趣味のカフェめぐりも楽しめるとあって、大阪での日々を満喫しています♡

小曽木さんの生活費

収入:

  • 仕送り

    50,000円

  • 奨学金

    0円

  • アルバイト代

    約40,000円

支出:

  • 家 賃

    41,000円

  • 食 費

    約50,000円

  • 光熱費

    約2,000円

  • 通信費

    約7,000円

  • 交際費など

    約30,000円

食堂のご飯

学生マンションには食堂があり、朝・晩ご飯付きで毎月2万円くらい。メニューの種類が選べておいしいからおすすめ!

洗濯

洗濯もひとり暮らしをして自分でやるように。いつも清潔な服を用意してくれていた親のありがたみを感じます

  • 小曽木さん

    美容に関する知識が増えるのが楽しい♪

  • 小曽木さん

    地元の先輩とのショットを入れた写真入れと香水。先輩がくれた宝物です☆

お気に入りのドレッサー

白とピンクの基調の部屋に合わせたドレッサー。見ているだけでテンションが上がります♪ここで毎朝30分かけてメイクしています。

小曽木さん小曽木さん

DIORの新作は必ずチェック!DIORの新作は必ずチェック!

あなたのひとり暮らしをサポートします!

ひとり暮らし支援制度

親元を離れて進学する学生を
経済的にサポート!

支援給付額10万円

司興産[学生マンション]7つのポイント

  • Point 1

    管理人常駐

  • Point 2

    安心安全の体制!

    24時間体制で万全のセキュリティです。

  • Point 3

    食事付きだから健康管理もバッチリ!

    2食、朝食のみ、夕食のみ、なしを選択できます。

  • Point 4

    駅・バス停からすぐで便利!

  • Point 5

    充実した設備!

  • Point 6

    駐輪場あり! (一部除く)

  • Point 7

    練習できる実習室あり!

※マンションにより異なります。

オープンキャンパスに、
遠方からご参加される方は…
無料で宿泊体験できます!
ひとり暮らしセミナー
地方から出てきた新入生が、安心して学生生活を送れるようにセミナーを開催。食生活や防犯、病院のことなどひとり暮らしの様々な不安を解消するとともに、情報交換や友だちづくりの機会にもなっています。
ひとり暮らしセミナー