特殊メイク・造形アーティストコース

講師紹介

LECTURERS

業界トップのプロ講師陣!
スペシャリストがハイレベルなスキルを伝授!

現場経験豊富な講師陣がプロとして通用する高度な技術を伝授します!
あなたを現場で活躍できるスペシャリストに育てます!

遠藤 慎也 先生

遠藤 先生

特殊メイクアーティストコース・
特殊造形クリエイターコース主任講師

独学で特殊メイクを学びはじめ、高校2年生の時にCMではじめてメイクの仕事に関わる。その後、本場ロサンゼルスで高い技術を習得しながら自らの道を切り開く。現在は国内海外問わず有名な映画やTV、テーマパーク等の特殊メイク・造形を手がけている大活躍中のまさに業界トッププロの先生です。
実績「進撃の巨人」「ハリーポッター」「スパイダーマン」「ターミネーター」CF(コマーシャル フィルム)など多数

荒木 一成 先生

荒木 先生

特殊メイク

ECCアーティスト美容専門学校特殊メイクアーティストコース卒業。卒業後はTV、映画などの大道具、小道具などの制作に携わり、現在は母校に戻り特殊メイクアーティストコースの担任。

市川 由美子 先生

市川 先生

デッサン

多摩美術大学大学院修了後、オーストリア、ウィーンに滞在。ヨーロッパ美術を学ぶ。帰国後、時間、記憶をテーマに映像、立体、身体などを組み合わせたインスタレーション作品を制作。また、プロジェクトの企画や制作を行う。大阪都市空間プロジェクト(大阪)、Force of Nature(アメリカ合衆国)、渡開自然公園Plants Project(台湾)など多数、アトリエ 山崎由美子主宰。頭の中に浮かんだイメージを記録する手段としてドローイング(デッサン)は重要です。プレゼンテーション時に第三者に具体的にイメージを説明する場合、説得力のあるデザイン画が必要になります。そのためにもデッサン力はアーティストにとって制作の基本だと考えています。

上野 信幸 先生

上野 先生

フィギュア造形・カポック造形

財団法人国際デザイン交流協会にてデザインコーディネーター資格取得。現在は、他企業とのコラボレーションにより、ロボットの外装・プロダクトデザイン・造形などのプロジェクト企画・自社商品の開発販売などを行う傍ら、アートを中心とした企画を行うNPO法人PINKJACK理事長を務める。1990年に商品造形師としてキャラクター造形の仕事を始め、TVの出演を機会に撮影の仕事に携わる。特撮系番組や映画で美術スタッフとして参加、(撮影用プロップス)制作で作品に参加。USJ技術部装飾を経て、財団法人大阪デザインセンターからD-パイロット事業で十三のモニュメント(顕彰碑)のキャラクターデザインと造形を経験。