ブライダル・ウェディングコース

過去のスマイルウェディング

SMILE WEDDING

2020年度

ボランティアで婚礼写真を撮影する、学生たちにとって初めてのウェディングプロデュース。
プロデュースを担当したのはブライダル・ウェディングコースの1年生。地域のこども食堂に関わる3組のご家族を招き、
事前準備からヘアメイク、ドレスフィッティング、撮影の演出まで、すべて学生たちの手で行いました。
自分たちの学びの意味を感じ、気持ちを新たにした学生たちの姿をご紹介します。

イメージ画像
  • スマイルウェディングフォト

    フォトウェディングは、チーム全員で担当のご家族を出迎えるところからはじまります。

  • スマイルウェディングフォト

    施術は、ヘアメイクからスタート。リラックスして臨んでもらえるよう、BGMを流しながら進めていきます。

  • スマイルウェディングフォト

    ヘアメイクの後は、ドレスフィッティング。「きついところはないですか?」と手際よくフィッティングを進めていきます。

  • スマイルウェディングフォト

    撮影直前は、アクセサリーなどを最終調整します。360度くまなく見ながら入念にチェック。

  • スマイルウェディングフォト

    いよいよ撮影スタート!小さいお子さんがいる現場では、仕上がりのイメージをその場で調整するなど臨機応変な対応ができました。

  • スマイルウェディングフォト

    フォトウェディングの決め手は美しい仕上がり。ヘアメイクやドレスには細かく気を配り、撮影が終わる瞬間まで気を抜くことはできません。 

  • スマイルウェディングフォト

    自分たちで作った絵コンテに沿って撮影が進みます。しゃぼん玉や花びら、風船など、様々な演出グッズが登場!

  • スマイルウェディングフォト

    写真の想像以上の仕上がりに、学生たちからは次々と感嘆の声があがっていました。

  • スマイルウェディングフォト

    ラストカットは、学生も加わり全員で。無事に撮影を終えた安堵から、学生たちも頬をゆるめました。(*撮影のため、この瞬間だけマスクを外しています。)

  • スマイルウェディングフォト

    最後のお見送りでは、お客様の感謝の言葉に触れて思わず涙がこぼれる一幕も。学生一人一人が様々な実感を胸に、初めてのウェディングプロデュースを終えました。

INTERVIEW 参加者インタビュー

  • Q初めてのプロデュースを終えて

    お見送りの時は感謝の気持ちで涙が止まりませんでした。難易度の高いポージングが多かったのですが、新婦様も新郎様も嫌な顔一つせずすべてノリノリでやってくださいました。そのおかげで、やる予定ではなかったポージングも撮影できました。一番不安だったヘアセットも上手くできて、それらが積もり積もって喜びがあふれ出てきました。お二人のフォトウェディングを担当できて本当によかったです。

  • イメージ画像

    渡部 美悠さん

    ブライダル・ウェディングコース 1年

スマイルフォトウェディングin倉敷

  • 2019年度はこちら

    イメージ画像

    フォトウェディング
    学生たちの手で思い出の写真を撮影!

    • 各チームに分かれてそれぞれのカップルやご家族の撮影を学生たちがプロデュース。 事前に準備を固め、カメラマンと協力し、撮影に挑みます。
    • イメージ画像

    Smile wedding flow

    事前準備
    ヘアメイクのリハーサルとドレスフィッティング及びアテンド&ポージングの練習。
    当日
    ヘアとメイクの準備は勿論、ドレスやタキシードと小物のチェックも念入りに行います。
    感動の本番
    衣装を着たお二人は、キラキラ輝いてました!喜んでいただいて大感激!
    • メイク直し画像

      学校で学んだヘアメイクの技術を活かしながら、ご要望に沿ってヘアメイクを行います。撮影時のメイク直しも担当。

    • 撮影画像

      撮影本番には、美しく写真が撮れるように立ち位置なども指示。

    • 撮影チェック画像

      ドレスラインやヘアメイクが乱れていないかと様々なことに配慮しながら、カメラのファインダー越しにチェック!

    STUDENT’S VOICE

    • 相手を笑顔にでき、自分も温かい気持ちになれる素敵な仕事!

      私のチームは親子3人様の撮影をさせていただきました。花びらやお子様が喜んでくれそうな風船を用意するなど、笑顔を引き出すための小道具も準備。当日はヘアメイクを担当したのですが、お会いして初めてご希望を伺ってから行うので時間との闘い。伝え方や会話などコミュニケーションの難しさも痛感しました。それでも撮影後には「子どものことまで考えてくれてありがとう」と喜んでいただけて大感激!こちらまで温かい気持ちにさせてもらえ、思い出すと今でも涙が出るほどです。自分の技術で相手を笑顔にできる仕事の醍醐味も味わえました。

    • イメージ画像

      イメージ画像

      栗本 七海さん

      ブライダル・ウェディングコース
      香川県立津田高等学校出身